前へ
次へ

短時間でのスキンケアが大事

まずは、素早くなじませるため、化粧水をつけましょう。お風呂上がり、5分~10分の短い間におおざっぱでもスキンケアをする・しないによる差が現れます。その差となるのが「乾燥」です。必要な保水力(保湿力)、水分の蒸発が著しく早いお風呂上がりには、潤い成分配合のローションだからこそ短時間でのスキンケアができます。角質が厚いパーツとなる肘や膝、かかとなどは、濃密なクリーム、あるいは薬用として用いられるワセリンなどで後々ゆっくりケアしましょう。まずは、蒸発する分を補うことに努めましょう。最近では、より補えるように美容液から先に肌につけるステップが浸透しています。もちろん、ボディにも使える美容液ならば使っても大丈夫、ただし、気になる乾燥を補うのは保湿であり、シワや美白の美容成分ではないので、1滴にそれらが凝縮された美容液よりも、厳選された水から作られた化粧水が適しているでしょう。あらかた浸透させた後、ゆっくりじっくりスキンケアに努めましょう。ボディクリームはシーズンによって、こっくりしたテクスチャー、サラッとしたテクスチャーに分けられています。手のひらで温めてから、血流を促すように下から上に向かってさするようにつけましょう。先に述べたように、角質が厚い部分は二度塗りが鉄則です。また、背中やお尻はニキビや吹き出物ができやすいパーツですから、あまり油分が多いようならティッシュでオフしましょう。

Page Top